山口建設

給湯器の故障かな?|修理について詳しく解説|給湯器の相談なら山口建設


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

「給湯器からお湯が出ない!もしかして故障?」「給湯器を修理したい場合はどうすればいいの?」と困った時のために、給湯器の故障の原因と対処法、修理・点検にかかる費用相場、業者の選び方までをご紹介いたします。

様々な給湯器が存在していますが、故障の原因として挙げられているものの多くが、リモコンや配管です。長い間使用しているうちに故障してしまうことが珍しくありません。特にリモコンは毎日使用しているからこそ、気が付くと操作できなくなってしまうことが多いため、急に表示しなくなってしまったり、数字が誤表示するなどのトラブルによって、修理依頼する人は少なくないといいます。この場合給湯器自体には何のトラブルも発生していないため、リモコンだけを買い替えることで元のように使えるようになりますが、購入した年数によっては保証が付いてくる可能性もあるため、保証内で交換できるかどうかを確認してから修理依頼するといいでしょう。配管からの水漏れについては、内部のパッキンや配管の継ぎ目部分から故障してしまうことが少なくないといわれています。この場合、パッキンや配管の継ぎ目部分を直すことで、再び元のように使えることは多いです。ただし、配管水漏れだけではなく給湯器本体から異常に音がするといった場合には、配管の水の量の少なさなどからモーター部分にも負担がかかり、異常音が発生している可能性があるため、修理業者に相談してください。また、給湯器本体の中でも基盤部分に異常を発生することは多いといわれています。基盤部分は長年使用していることによって、埃や湿気がたまってしまい、結果として傷んでしまうため、定期的に業者に点検をしてもらうことで故障する可能性を低くすることが可能です。基盤の交換は数万円前後する場合もあるため、あらかじめどれくらいの値段となるのかを確認してから修理依頼をしてください。また、機種によってはあまりに古すぎて基盤をはじめとした部品を取り扱っていないメーカーもあります。部品が取り寄せられない場合には、機械を交換することも視野に入れて業者の人と話をしたほうがいいでしょう。平均的に給湯器の寿命は7年から15年とされているため、部品がない場合はそれだけ長い間使ったということになります。
[関連情報:給湯器 故障