株式会社トラストスピード

集客でお困りの方必見!東京のポスティングなら【株式会社トラストスピード】


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京近郊のポスティングならトラストスピード。東京都江東区を拠点にその他神奈川・千葉・埼玉など対応。信頼とスピードをモットーに展開する物流事業、「お客様の喜びが私達の喜び」をモットーに展開する広告代理事業を行っております。

あらかじめターゲットを定めたエリアや建物には日夜チラシがポスト投函されています。ポスト投函された販促物は「ポスティング」と呼ばれています。チラシを配布するのは新聞折込と同様ですが、こちらは購読してない方にも直接届けます。他よりも比較的少ない費用で集客効果をあげられるので最近注目されています。新聞購読者数が減少傾向にある昨今にぜひ取り入れたい広告媒体です。ポスティングによる宣伝の費用は配布方法やエリアで異なります。同じ東京であっても指定エリアへの配布(ローラー配布)と建物を絞った配布(セグメント配布)では違ってきます。ローラー配布は3~6円、セグメント配布は少し高くなり5~10円が相場になります。東京は人口が密集している地域が多いので相場も安い傾向があります。反対に人口の少ない地方の田舎になれば費用も上がります。対象となるエリアでポスティングを行っている東京の業者に問い合わせてみましょう。基本的に料金は印刷費と人件費がほとんどを占めています。デザインも外注するなら追加でデザイン代がかかるでしょう。1円でも安く配布したいなら配布方法などを工夫するといいでしょう。チラシは単独での配布と併合配布があります。地域のタウン誌や他のチラシに挟み込まれて配布されます。まとめて配布すればその分人件費も抑えられて費用がより安くなります。配布期限を厳しく設定しないことも安くするコツです。あまりに厳しいと併合配布が難しくなり単価の高い単独配布になります。長期的なキャンペーンを告知するなら、ゆとりをもって期限を設定しても問題ありません。発注も複数回分けるよりまとめて行ったほうが安くなります。すなわち1回の配布で大量発注するのがベストです。配布エリアに関してもそれほど細かく設定しないほうがコストはかかりません。しかし、これではターゲットとなる顧客がいないエリアまで配布されるリスクが生じます。自社の商品と合わせてどうするか考えましょう。
[関連情報:ポスティング 東京